【ここから個別ナビゲーション】

地球温暖化対策特別部会

【ここから本文】

九都県市内の協力施設等とスターバックス481店舗で12月11日(月)にライトダウンを実施します
〜明かりを消して地球温暖化について考えてみませんか〜

毎年12月は、平成9年に京都で開催されたCOP3を契機として定められた「地球温暖化防止月間」であり、そこで採択された「京都議定書」は、本年12月11日(月)に、採択から20周年を迎えます。九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)では、12月11日(月)の夜、九都県市内の協力施設等とスターバックス店舗でライトダウン(消灯)を実施します。
この取組は、九都県市とスターバックス コーヒー ジャパン 株式会社が連携し、若者を中心とした住民が省エネや地球温暖化対策について考えるきっかけを創出するために実施するものです。

ライトダウン協力施設等での取組(スターバックス店舗以外)

九都県市内の民間企業・団体の施設でもライトダウンを実施します。
平成29年12月11日(月)19時〜20時
※ライトダウンは、上記の時間を中心に行いますが、施設・店舗により異なります。

詳細はこちら

スターバックス店舗でのライトダウンイベント

九都県市内の481店舗で、ライトダウンイベント「”Nothing” is “Charming”(ナッシング イズ チャーミング)」*を実施します。また、当日限定オリジナルコースターの提供(数量限定)や、ライトダウンをみんなで楽しむ折り紙ランタン制作のワークショップを開催します。ただし、ライトダウンイベントを実施しない店舗もありますので、実施店舗は下記特設ページで御確認ください。

ライトダウン事業特設ページ:http://sbux.jp/9 (スターバックス 公式サイト内)

*“Nothing” is “Charming”とは、「ない(Nothing)」ことを楽しむエコアクションです。今回は、明かりをなくして、省エネや地球温暖化対策に想いを馳せるイベントとして開催します。

このページの先頭へ

【ここからフッターエリア】